パックンマックンのコンビで、漫才や英語番組の司会などで活躍中のパックンことパトリック・ハーランさんは、来日直後から約2年半を福井県で過ごされました。福井ブランド大使に就任し「福井は第二のふるさと」と断言するパックン。ヘルメット姿でロードサイクルに乗って爽やかに登場し、福井県の魅力について存分に語ってくれました。

ブランド大使として福井のPRポイントはどんなところですか?
 ブランド大使は全部で1200人くらいいるんですけど、福井に対する愛では絶対他の人には負けてないと思います。食べ物でいえば、越前そばが大好きです。それから越前ガニがおいしい。お肉もお米もおいしい。水道の水さえもおいしい。九頭竜川の鮎の塩焼きなんて最高ですよ!
 でも矛盾してるかもしれないけど、本音をいえば、福井のことをみんなに広く知ってはほしいけど、あんまり発展してほしくない。人口も増えてほしくない気持ちもあるんです。僕にとって特別な隠れ家みたいなところなんですよ。ちょっと前までは月に1回は帰ってました。忙しくなってきた今でも年に2回は帰ります。そう。福井へは「行く」んじゃなくて「帰る」んです。

そもそも日本にこられたきっかけは?
 中学時代の友人が福井の中学校に赴任することになって、一緒に来ないかって誘われたんです。
 僕にとっては福井が日本の入口だったから、チンチン電車が走ってたり、大仏が町の真ん中にあるのに驚いたけど、何を見ても「それが日本だ」と思っちゃった(笑)。

初めて覚えた日本語も福井弁だったんですか?
 福井弁の「ほやほや〜」というのが初めて覚えた日本語の中の一つでした。友人と一緒に中学校のPTAの方の家にしょっちゅう招かれて、家族みたいに一緒に食事をしたんです。彼らとしゃべることでずいぶん日本語を覚えられました。当時、僕にとって標準語=福井弁でした。今でも福井では福井弁になっちゃいます。

福井に住んでいた2年半の思い出を教えてください。
 僕は根っからのアウトドア派なんです。英会話の先生をしていた時は、昼休み開始時刻きっかりにバイクに飛び乗って、山まで出かけていました。10分で弁当を食べて、20分、川で泳いで、10分で体を乾かして服を着替えて昼休み終了時刻には学校に戻るという毎日を送っていました。それから週末には海岸沿いをツーリングしたり、キャンプに行ったり。冬は冬でスキーを楽しみました。僕の仕事は平日が休みだったので、昼間はスキー場を貸し切り状態で滑りましたよ。こんな生活は福井でしかできないですね。
 一番感動したのは海岸沿いの道をツーリングしている時に、海からの風が山の斜面に当たって雲が発生するところを見たことです。目の前でしゅーっと雲がわくんですよ。今でも忘れられないです。



生まれ故郷のコロラドはどんなところですか?
 コロラドもロッキー山脈があって、川があって、自然がいっぱいです。でも海はないね。食べるものといったらビーフ。牛の丸焼きとか(笑)。小さい頃は魚が食べられなかったんですよ。向こうは魚でも冷凍が多くて。何の魚かわからない謎のフィッシュフライとかね。大学はボストンだったので海が近くて、少し食べられるようになったけど、福井に来て本当の魚料理に出会ったって感じですね。

多方面で活躍されていますが、これからの夢や計画は?
 最近はドラマにも出演していますが、演じることが大好きです。役者は子どもの頃からやっていて、福井にいた時もアマチュア劇団に入ってミュージカルに出演したり、鯖江の世界体操大会の特設FMラジオ局でDJもやりました。その経験で自信がついて東京に出てきたんです。福井での芸能活動があって、今のパックンがいるといっても過言ではないです。
 今後は映画をやりたいですね。総合エンターテイナーを目指しています。僕は飽きっぽい性格なんですけど、この仕事は毎日違うことに出会えて、新しい冒険をしているようで本当に楽しい。これを福井でできたら最高なんだけどね。

最後に北陸の方々にメッセージをお願いします。
 北陸地方は明らかに神様に愛されていると思います。神様が与えてくれる恵みを全部与えてもらってる。山・海・川・人情。みなさん、自信を持ちましょう。北陸は世界最高の地域です! もちろん福井が一番ですけどね(笑)。

テレビでの印象通り、カッコよくて楽しいパックン。冗談がぽんぽん飛び出す、楽しい取材でしたが、福井のよさを語っているうちに「ああ、また帰りたくなっちゃった」とちょっと淋しそうにつぶやいて、福井に対する思いがひしひしと伝わってきました。ぜひ何度でも帰ってきてほしいですね。

 

パトリック・ハーラン
タレント/福井ブランド大使
1970年生まれ。アメリカ合衆国コロラド州出身。ハーバード大学比較宗教学部卒業後、1993年に来日。福井県で英会話学校の講師として2年半を過ごす。現在は「パックンマックン」としてテレビや舞台で活動するほか、個人ではNHKテレビ「英語でしゃべらナイト」やドラマにも出演するなど、多方面で活躍中。
インタビュー中は真面目な顔で真剣に話してくれたパックン。撮影ではこんなひょうきんな表情も見せてくれました。
 
◆◇◆◇◆ 取材こぼれ話 ◆◇◆◇◆
「福井に住んでたって言うと、『明太子おいしい?』って聞かれるんだよ」(←それは福岡)。「ダニエル・カールさんも住んでるよねとか・・・」(←それは福島)。「福原愛ちゃんもいるねとか・・・」(←それは福ちがい)と会ったとたん、いきなりボケるパックン。こちらもついツッコミを入れながらのインタビューとなりました。
こんなに好きな福井ですが、嫌いなところはあるんですかと聞くと「曇りや雨が多いところかな」との答え。でも、ガイドブックを読んだら「もし雨が降っていたら、雨が日本の自然を育てると思いなさい」と書いてあり、それ以来、雨もいいものだと思うようになったそうです。
ここでは紹介できませんが、福井でお世話になった方々や美味しいお店など固有名詞がどんどん出てきたこともつけくわえておきます。

レギュラーで出演中
「M-on!〜Make On The Holiday」
毎週土曜日 13:00〜15:00 MUSIC ON! TV(ケーブル・テレビ)
「ガチャガチャポン!」
毎月曜日 15:30〜16:00 フジテレビ
詳しくは
パックンマックン公式サイト
http://www.havmercy.co.jp/
 
 
えるふぷらざNetトップへ
北陸電力株式会社 地域広報部
〒930-8686 富山市牛島町15-1 TEL 076-441-2511
Copyright(C) Hokuriku Electric Power Company.All Rights Reserved.